男性の白髪染め選びはここがポイント|簡単なメンズ向きは?

MENU

メンズ男性の白髪染めはどう選ぶ?

男性の白髪染め

男性の場合は、「ロマンスグレー」などという言葉も昔からあるように、「白髪でもそれなりにかっこいいかな?」というのはありますが、それでもある程度の年齢ならまだしも、30代後半や40代ですと、やはり黒髪の人に比べてかなり老けて見られてしまう気がします。

今は見た目も若々しい中年男性が多いですから、やっぱり白髪は染めた方がいいんじゃないかな?と思います。

 

では男性と女性の白髪染めには違いがあるのでしょうか?
ここでは男性におすすめの白髪染めについて紹介します。

 

男性と女性の白髪染めには違いがあるの?

男性の髪は?

市販の有名ヘアカラーブランドの「ビゲン」では「メンズビゲン」という商品カテゴリーがありますので、男性と女性の白髪染めには違いがあるように見えますが、実は「髪」そのものとしては男女の違いはありません
髪の構造としては同じです。

 

ただ、男性の髪の方が女性に比べると太いことが多いですし、一番の違いは長さでしょう。

 

男性の場合は特別な人を除いてはほとんどの場合短髪ですよね?
女性の場合はショートカットといってもある程度の長さはありますし、男性よりは髪が長くなります。

 

ですので、男性用の白髪染めは髪を伸ばさないことが前提で、「白髪染め(ヘアカラー)で髪が傷んでも、また切ればいい」という前提で商品が作られているように思います
「髪のダメージは出ても面倒じゃないようにしっかり染毛できるようにしよう」というのが男性用に開発された白髪染めだと考えられます。

 

 

髪は切ればいいけれど・・・

抜け毛や薄毛の悩み

確かに男性は白髪染めで髪が傷んでも、ロングヘアにするわけではないですし、その部分を切ればいいような気がしますが・・・
髪にダメージがある酸化染毛料の白髪染めは同時に頭皮にもダメージを与えます。

 

頭皮にダメージが強いと、それは当然抜け毛・薄毛などの原因にもなってきます。

 

男性は女性よりも抜け毛や薄毛の問題は遺伝子的にも深刻です。

 

ですのでやっぱり男性の場合も白髪染めは染毛力重視ではなく、髪(頭皮)に優しいものを使うべきです。

 

男性の白髪染めおすすめセレクト

白髪染めが面倒という男性には白髪染めシャンプーがおすすめ

男性用白髪染めシャンプー

とはいっても白髪染めは面倒・・という方には、白髪染めシャンプーがおすすめです。
白髪染めシャンプーの場合は、わざわざ白髪染めに時間をかける必要はありません。
普段のシャンプーの代わりに白髪染めシャンプーを使うだけです。

 

利尻の白髪染めシャンプーは徐々に色が付くので、いかにも「染めてきた!」というのが周囲にばれません。

 

「白髪染めなんてしなくていいよ、照れくさい」なんて言っている男の方には特におすすめです。

 

利尻カラーシャンプー

利尻カラーシャンプー

1回で染まります!お風呂で使えるから簡単】

 

今一番のおすすめヘアカラー「利尻ヘアカラートリートメント」。シャンプーの後、トリートメント代わりに付けるだけ。
ブラック、ダークブラウン、ライトブラウン、ナチュラルブラウンの4色。天然染料なのに1回できれいに染まる
お風呂で簡単に使えるので男性にも特におすすめです。
(乾いた髪に付けてじっくり染めることもできます!)

使用方法 シャンプーの代わりに使うだけ。放置時間もなし。
染毛時の放置時間 なし(シャンプーとして使うだけ)
ブラック、ダークブラウン、ライトブラウン、ナチュラルブラウンの4色。
容量 200g 1回5mlで 約40日分
価格 初回限定価格 2,500円 (税抜) ※送料500円

《定期購入ではなくこの価格で購入できます》
通常価格は3,500円(税抜)

割引・定期購入など 初回は1,000円OFFの2,500円

2本まとめ買いは5,000円※送料無料
どちらも定期購入ではなく1回のみのキャンペーン価格。

その他 返金保証はなし。同シリーズで白髪染めトリートメント、部分白髪染めもあり。

 

 

 

 

 

1回で白髪をしっかり染めたいなら、こちらのグローリンワンクロスがおすすめです。
普通の白髪染めシャンプーは1回では色が入らず、何度か使用することで色が付き始めますが、このグローリン・ワンクロスは1回で色が付きます

 

グローリン・ワンクロス

グローリンワンクロス

一度で染まるシャンプータイプが登場。】

 

常識を覆す1回洗うだけで色が染まる白髪染めシャンプーが登場。
染めるのも染め直すのも面倒な人にはこれ!。
週1回の使用で髪色キープ。ブラック・ブラウンの2色から選べます。
男性の髪にもぴったり!

使用方法 シャンプーの代わりに使います。
染毛時の放置時間 なし。洗うだけ。
ブラック・ダークブラウン
容量 100g ショートヘア約4回分
価格 5,800円(税抜) ※送料600円

定期購入は3,780円

割引・定期購入など 2本セットでは6,560円(1本3,280円)
その他 返金保証等はなし。

 

 

 

白髪染めトリートメントとの併用もおすすめ!

 

 

また、白髪染めに少し時間をかけてもOKという場合は、白髪染めトリートメントがいいでしょう。
こちらは髪に付けてから少し時間を置く必要がありますが(良く染めるため)、1度である程度色が付きますし、1回染めると2週間くらい染め直しはいりません。

 

1度このトリートメントで色を付けてから、そのあとは上記の白髪染めシャンプーを使うというのもおすすめです。
この方法ですと、初めの1回だけは少し時間がかかりますが、そのあとは毎日のシャンプーだけで髪色をキープできます。

 

白髪染めトリートメントならシャンプーと同ブランドで出ているこの利尻ヘアカラートリートメントがいいでしょう。

 

白髪染めシャンプーと白髪染めトリートメントの併用

 

利尻ヘアカラートリートメント

1回で染まります!お風呂で使えるから簡単】

 

今一番のおすすめヘアカラー「利尻ヘアカラートリートメント」。シャンプーの後、トリートメント代わりに付けるだけ。
ブラック、ダークブラウン、ライトブラウン、ナチュラルブラウンの4色。天然染料なのに1回できれいに染まる
お風呂で簡単に使えるので男性にも特におすすめです。
(乾いた髪に付けてじっくり染めることもできます!)

使用方法

シャンプー後に付け、その後洗い流します。リンス・トリートメントの代わりに使用します。
乾いた髪にも使えます。素手で使えます。

染毛時の放置時間 約10分 リタッチなら5分
ブラック、ダークブラウン、ライトブラウン、ナチュラルブラウンの4色。
容量 200g ショートヘア約5〜8回分
価格 初回限定価格 2,000円 (税抜) ※送料500円

《定期購入ではなくこの価格で購入できます》
通常価格は3,000円(税抜)

割引・定期購入など 初回は1,000円OFFの2,000円

2本まとめ買いは4,000円※送料無料
どちらも定期購入ではなく1回のみのキャンペーン価格

その他 返金保証はなし。同シリーズで部分白髪染め、白髪染めシャンプーもあり。

 

市販の男性用白髪染めだとどれがおすすめ?

男性用の市販の白髪染めならどれがいい?

女性の場合は髪も長いことが多いので、酸化染毛剤を使った市販の白髪染めを使ってしまうと、伸ばしているうちに髪がどんどん痛んでしまうので、市販の白髪染めを使うことはやめた方がいいというのが私の主張です。
また女性は一般的には髪が細いので、その点でもダメージを受けやすいのです。

 

ですが、男性の場合で髪が短い方の場合は、髪にダメージが蓄積される前にカットしてしまうので、女性よりも白髪染めのダメージは気にしなくてもいいような気がします。

 

市販の一般の白髪染めでサクッと染めてしまうのも女性より気を使わなくてもいいかもしれません。

 

酸化染毛剤を使った白髪染めは確かに髪にダメージを与えますが、価格も安く1回ですぐに染まるという点はメリットであることは間違いないです。

 

当サイトでは男性にもアンケートを実施していますので、その中で人気のある男性用白髪染めをいつくか紹介します。

 

 

ただし、頭皮が弱ってきたなあと感じる方の場合はやはり髪と地肌に優しい上記で紹介したような白髪染めシャンプーや白髪染めトリートメントの使用をおすすめします。

 

 

メンズビゲンワンプッシュ

メンズビゲンワンプッシュ

メンズビゲンシリーズの一番の売れ筋

 

男性用の白髪染めと言えばまずメンズビゲンが浮かびますがその中でも一番の売れ筋がこのメンズビゲンワンプッシュです。
1液2液がワンプッシュで出てきてブラシにのせて髪につけて使います。
残りは取っておけるので、無駄がありません。

使用方法

ボトルをワンプッシュして、ブラシに出してとかします。その後シャンプーで洗い流します。

染毛時の放置時間 約5分
ナチュラルブラック、ダークブラウン、ライトブラウン、ナチュラルブラウン、アッシュブラウン、ナチュラルシャドウの6色。
容量 80g
価格 1,000円前後
公式サイト メンズビゲンワンプッシュ

 

 

ルシードワンプッシュケアカラー

ルシードワンプッシュケアカラー

ルシードのワンプッシュタイプ

 

こちらメンズ整髪料でも有名なルシードのワンプッシュタイプ。メンズビゲンワンプッシュ同様に、ワンプッシュで液が混ざります。
残りは取っておくことが出来ます。
従来の商品より参加染毛剤の過酸化水素水を1/3カットしてパサつきを軽減。

 

使用方法

ボトルをワンプッシュして、ブラシに出してとかします。その後シャンプーで洗い流します。

染毛時の放置時間 約5分
自然なブラック、明るめのブラウン、自然なブラウン、シックなブラウン、落ち着いたブラウンの5色。
容量 100g
価格 700〜1,000円前後
公式サイト メンズビゲンワンプッシュ

 

メンズビゲンスピーディ2

メンズビゲンスピーディ2

昔ながらの使いやすいクリームタイプ

 

1液2液をチューブからブラシの上に出して混ぜてつける昔ながらの白髪染めです。
こってりとしてクリームが髪につけやすく、慣れている人にはこちらの方が染めやすいでしょう。
生え際などの少しの部分にも便利です。
価格もリーズナブル。

使用方法

1液2液を同量ずつブラシの上にのせ、髪につけます。その後シャンプーで洗い流します。

染毛時の放置時間 約5分
自然な褐色、黒褐色、自然な黒色の3色。
容量 80g
価格 600円前後
公式サイト メンズビゲンスピーディー2

40代、50代は男性も白髪染めをして欲しい!

おすすめ

男性におすすめの白髪染めを紹介してきました。

 

男性は女性に比べると、「白髪でもいいよ、別に」と言われる方も多いのですが、やっぱり白髪が多いと男性でもかなり老けて見えてしまうと思うのです。

 

60代以上になると、それなりにロマンスグレーのような雰囲気でいいとは思うのですが、40代50代はまだまだ若いですし、白髪が多いだけで年が上に見えてしまうような気がします。

 

もったいないですよね。

 

女性に比べても髪が短い分白髪染めの簡単なはず。

 

特にここでは白髪染めシャンプーや、素手で染める白髪染めトリートメントなどの手間がかからないものを取り上げて紹介しています。

 

このタイプは本当に簡単ですので、ぜひ試してみてください。

 

これらは、が、夫婦で兼用で使っても全く問題ありません。
髪と地肌に優しい白髪染めを使うことは、将来的にも絶対大切です。

 

また30代や40代前半の場合は市販の白髪染めでサクッと染めてしまうのもいいと思います。
女性と異なり髪が痛んでも伸びる前に切ることが出来るので。

 

男性もうまく自分にあった白髪染めを選んでくださいね。

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加