白髪染めおすすめランキング|素手で使えるタイプやシャンプー大集合

MENU

ずっときれいな髪で!厳選おすすめ白髪染め

白髪染めで髪が傷んでる?
  髪が傷まない白髪染めはたくさんあります!

 

今の人気の白髪染めと言えば、やっぱり素手で染める白髪染めトリートメントタイプのものがおすすめです。
髪を傷めることがなく、地毛を守りながら白髪を染めてくれます。

 

クリーム状、泡状、いろいろありますが、そのヘアカラーで、本当に大丈夫?

 

一般的な白髪染めは酸化染毛料というタイプのもので、髪を一度脱色し、キューティクルを無理やり開かせ、そこに染料を入れて染めていきます。
ですので染めるたびに髪はどんどん傷みます。
また脱色をするため、まだ黒い髪も退色し、染料が落ちている時はもともとまだ黒かった髪まで白くなっていってしまうのです。
そしてキューティクルが傷んでしまうと、しっかり白髪が染まらず色もきれいに出ません。 髪のダメージを防ぐことは、白髪染めでも不可欠なのです。
繰り返し使うことになる白髪染めです。

 

髪が退色してダメージを受けてしまったからでは遅い!
だから、すぐに使い始めてほしいのです。
自分の髪を守るなら!ぜひ髪を傷めない白髪染めを選んでください。

大人気!今おすすめなのは、こんな白髪染め!

素手で染めるタイプの白髪染めトリートメント!

素手で染めるタイプ

素手で染める白髪染めはとっても簡単。

生え際についてもすぐに落ちるので、染めにくい根元のギリギリまで染めることもでき、部分染めやリタッチにも適しています
そして、何よりもうれしいのが煩わしい手袋などが必要ないということ。
手袋がいらないので不器用さんにも使いやすく染め残しなくきれいに染めることができます。
また染料は天然成分を使用し、美髪効果のある成分もたっぷり入っているので、髪が染まるだけではなくトリートメントとしての効果も抜群
使うたびに髪がきれいになっていきます。
このタイプの白髪染めで人気の商品は、利尻ヘアカラートリートメント、ルプルプ、グローイングショット、レフィーネなど。

 

素手で染めるタイプの白髪染めトリートメント

 

だんだん染まる…白髪染めシャンプーは男性にもおすすめです

シャンプータイプ

白髪染めシャンプーは、男性にも大人気。徐々に染まるので「いかにも染めた!という感じがないので、目立ちません。

一気に色が変わるのが照れくさい…という男性の方に特に人気が高くなっています
夫婦で揃って使う方も多く、トリートメント効果が高く、地肌にも優しいタイプが主流です。
毎日使うと、徐々に色が濃くなっていきます。

 

シャンプーで染めるタイプの白髪染め

 

1度でしっかり染めたい方に!刺激の少ない泡タイプ

泡タイプ

「素手で染めるタイプでは、ちょっと物足りない。できれば1回目から色がしっかり入るものがいい」という方にはこの泡の白髪染めをおすすめします。
酸化染料を使うので1回でしっかり色が入りますが、市販の白髪染めほどには髪を傷めません

 

またもうひとつ同じ泡タイプでも、天然染料で形状が泡になっているトリートメントタイプのものがあります
泡なので毛髪にしっかり密着。これから注目の白髪染めです。

 

この2つは泡タイプでも全く違うものですが、クリームタイプよりも髪になじみやすく染めやすいというメリットがあります。

 

泡タイプの白髪染め

 

伸びてきた生え際をさっと染める「部分染め」も人気急上昇

マスカラ部分染めのヘアカラーマスカラは、生え際の処理に最適。数ミリ…数センチといった、ちょっとした生え際の白髪…。これが目立つんですよね。

この部分に嬉しいのが部分白髪染め専用のマスカラです。


また、刷毛タイプの部分染めも人気です。

マスカラタイプよりも少し広い範囲にたっぷり付けたい時などは、こちらの方が断然お得で便利
地肌についても安心な優しいタイプのものが発売になっています。

 

部分染め用白髪染め

 

 

「白髪染め」おすすめ最新人気ランキングベスト3

利尻ヘアカラートリートメント

【シャンプーの後、約5分の早染めが可能。部分染めも人気!】

 

今一番のおすすめヘアカラー「利尻ヘアカラートリートメント」。
シャンプーの後、トリートメント代わりに付けるだけ。お風呂で簡単に染められます。
トリートメント効果も抜群でびっくりするほどつやつやに。素手で使えます。
素手で使えて1回でかなりきれいに染まります。セットで使える部分染め、シャンプータイプも大人気。

 

使用方法 シャンプー後に付け、その後洗い流します。リンス・トリートメントの代わりに使用します。

乾いた髪にも使えます。素手で使えます。

染毛時の放置時間 約10分 リタッチなら5分
ブラック、ダークブラウン、ライトブラウン、ナチュラルブラウンの4色。
容量 200g ショートヘア約5〜8回分
価格 初回限定価格 2,160円(税込)

(定期購入ではなくこの価格で購入できます)
通常価格は3,240円(税込) ※送料540円

割引・定期購入など まとめ買い割引、定期購入割引あり。
その他 返金保証はなし。同シリーズで部分白髪染め、白髪染めシャンプーもあり。

 

 

 

 

 

ルプルプ
ルプルプ

【トリートメント効果抜群!使うたびに髪が生き返る。】

 

ガゴメ昆布「フコイダン」が、髪をつややかに!
使うほどに髪がつややかに。トリートメント効果で選ぶならこれです。
香料も「アロマ精油」を使用し、染髪中もリラックス。
初回購入時は1,980円の特別価格で購入できるので、はじめての白髪染めには最適!

 

使用方法 シャンプー前の乾いた髪に付け、その後シャンプーで洗い流します。
染毛時の放置時間 10〜20分
ダークブラウン、ソフトブラウン、モカブラウン、ソフトブラックの4色。
容量 200g ショートヘア約5〜8回分
価格 初回限定価格 1,980円(税込)

(定期購入ではなくこの価格で購入できます)
通常価格は3,240円(税込) ※送料500円

割引・定期購入など 次回定期便に切り替えると送料は無料。まとめ買い割引もあり。
その他 返金保証あり。

 

 

 

 

 

POLAグローイングショット カラートリートメント
ポーラ グローイングショット

【あのPOLAから高品質の白髪染めが登場】

 

スキンケア化粧品のPOLAから待望のヘアカラートリートメントが登場。
スキンケア化粧品メーカーならではのさすがのトリートメント効果です。
お風呂で使える早染め5分。香りもうっとりの自信作です。
部分染めも同時に発売なのでセットで使えます!

 

使用方法 シャンプー後に付け、その後洗い流します。5分の早染めタイプです。
染毛時の放置時間 5〜10分
ブラック、ブラウン。
容量 200g ショートヘア約15回分(濡れた髪に使うので少ない量でOK)
価格 3,132円(税込) ※送料無料

(通常価格です)

割引・定期購入など 定期便等はありません。
その他 同シリーズの部分染め、ヘアケアシャンプーもあり。

 

 

 

 

 

 

 

※総合ランキングへ

 

こんなところをポイントにして選んでみましょう!

おすすめの白髪染めと言ってもひとそれぞれいろいろな選び方の基準は変わってくるでしょう。

  • もうかなり髪全体が白くなってしまっているのか
  • 部分的に白いものが混ざってきているのか
  • 今すぐ今日にでも白髪をなんとかしなくてはいけないのか
  • 少し猶予があるのか

 

といろいろあります。
ここでは簡単に選び方のポイントを解説してみます。

 

 

今まで美容院で髪を染めている人の場合

美容院の白髪染め

美容院などで白髪染めを何度かしている方は、たぶんもうすでに髪そのものの色が抜けてきてしまっていると思います。
美容院の白髪染めの場合は、髪の色を少し抜いてから色を染色するので、その染色した色が落ちてくると、髪本来の色よりも白くなってしまっているのです。

 

シャンプータイプでは全体に色がしっかり付くまでには時間がかかってしまいます。

 

まずはしっかり1回で色が入るタイプの白髪染めトリートメントで時間を長めにおいて染めてみましょう。
乾いた髪についてじっくり時間を置くのがいいでしょう。
1回でも色はある程度入りますが、できればこれを3日間繰り返して行うとしっかりきれいに色が入ります。
美容院の白髪染めで傷んでしまった髪も元気になってくれるはずです。

 

この後は色が定着するまで週に1回くらいの頻度で白髪染めトリートメント使用していきましょう。

 

髪の長い人におすすめの白髪染め

ロングヘアの白髪染め

ロングヘアの方はもちろん、セミロングの方は絶対に市販の一般的な白髪染めを使ってはいけません

一般的な白髪染めは酸化染毛料というタイプのもので髪を一度脱色してからキューティクルを無理やり開かせそこに染料を入れていきます
1回で色が付きますし、色持ちもいいのでまだまだ白髪染めとしては主流なのですが、これは本当に髪が傷みます。
何度も繰り返し使用するとパサパサのキシキシな髪に・・・。こうなってしまうともう切るしかないのです。
ショートヘアの方はまめにカットをするので市販の白髪染めでもそれほどダメージが蓄積しないうちに切ることができます。
ですが、髪の長い方はどんどんダメージが蓄積されていくばかりです。そのまま伸ばしていくと毛先はもうかなり悲惨な状態になってしまいます。
ですので髪の長い方はこれからも長い髪を維持したいなら絶対に髪の傷まない白髪染め(トリートメントタイプやシャンプータイプ)を使うべきです。
せっかく伸ばした髪、切らずに守りましょう!

 

 

部分的に白い髪が混ざっている人の場合

部分的な白髪染め

髪全体はまだ白髪ではないが、ところどころ白い髪が混ざってきてるという場合も、やはりトリートメントタイプです。
ここで紹介しているトリートメントタイプ(素手で染める白髪染め)は、髪を痛めることがないだけではなく一般的なトリートメントに負けないくらいの美髪成分が入っていますので、このトリートメントタイプの白髪染めで何度かにわたって染めていくのがいいでしょう。
お風呂の中で使う方法もありますが、はじめて染める場合はお風呂に入る前にしっかり全体に白髪染めを付け、20分くらい(少し長いくらいでも問題ありません)放置してから洗い流すのがおすすめです。
この1回でかなり色が入ります。ですが、1回だけですと色が落ちるのも早いですしまとめて白髪が出ているところなどはやはり少し白く見えてしまうので、2日連続くらいで使ってみるといいでしょう(2日目は白髪の特に多いところを中心にしっかりつけてみるとより効果的です!)
この2回で白髪はほとんど目立たなくなると思います。(白髪染めのコツはこちらでも詳しく解説しています→白髪染めのコツ・やり方
ただし、そのまま放置してしまうと、2週間〜4週間くらいで色が落ちてきてしまうので、1週間後くらいにまたトリートメントタイプで染めるか(この場合は短い放置時間でもOKです)、白髪染めシャンプーを毎日使って色をキープする方法がいいでしょう。

 

 

美容院で染めると、どうしても1回に1万円くらいはかかってしまう「白髪染め」。月に一度は染めないと、生え際の部分などがやっぱり気になるものです。
スーパーなどでも、安価な1,000円前後のヘアカラーは売っていますが、実際に使ってみると…髪がキシキシに…。繰り返し使用すると、人形の髪のようにかなりのダメージを受けてしまうので、おすすめできません。
市販の白髪染めも品質は良くなってはきましたが、それでもまだまだ髪に与えるダメージは相当なものです。
白髪が気になる30代後半を過ぎると髪もよりダメージを受けやすくなっていますので、髪にダメージを与えるヘアカラーは使ってはいけません。
当サイトで紹介している白髪染めは、すべて髪へのダメージをなくしたものばかりです。
繰り返し使用しても髪が傷むことはなく、反対にトリートメント効果でダメージを回復します。安心して使えるものばかりです。

みんなはどんな風に白髪染めをしているんだろう・・・

みなさん、白髪が出てきたのは何歳くらいからですか?
私は40歳を過ぎたくらいから白髪がポツポツ出てきました。
詳しくはここに書いてありますが(→私の白髪染めについての思い
はじめは数本で、抜いたり切ったりすればいいくらいの本数でした。
なので白髪染めなんてまだまだ先の話!と思っていたのですが、それから1、2年でどんどん本数は増えていきました。

 

これはどうにかしないといけないと思い、私も周りのみんながそうしているように(姉や母も白髪でしたので)ドラッグストアで売っている市販の白髪染めを購入しようと思ったのですが、なかなか白髪染めをする勇気が起きませんでした。

 

人形のような髪に

というのも私は若い頃にさんざんヘアカラーで髪色を変えていたため、一時はリカちゃん人形の髪(古いですね・・(笑))のようになっていました。

そのもうどうにもならないキシキシのパサパサの髪を見て、もう二度とヘアカラーはしないようにしようって思い、その後は一切染めることなく必死に伸ばしてきました。
何年も何年もかけて染めてきた部分の髪がなくなり、一切ヘアカラーをしていないノーマルな地毛のロングヘアになることができていました

 

はじめての白髪染めだったので、市販の白髪染めはいいのか悪いのかはよくわかりませんでしたが、白髪染めも酸化染毛料のヘアカラーの一種です。
「ああ・・せっかくここまで我慢してきたのに・・またヘアカラーでパサパサになっちゃうのか。でも白髪をこのままにしておけないし仕方ないようね・・」とあきらめかけていた、

 

 

ちょうどその頃です。
「白髪染めトリートメント!髪が傷まない白髪染め!」というコピーで利尻ヘアカラートリートメントの広告を目にしました。
「こ!これだ!これならヘアカラーをしなくても済む!」と思い、早速購入しました。

 

それから先はずっと髪の傷まない白髪染めトリートメントや白髪染めシャンプーを使っています。

 

初めに使った利尻ヘアカラートリートメントだけではなく、このサイトでおすすめの白髪染め!として紹介している白髪染めは全部試しています。
より良く染まるのはどれか?
色持ちがいいのはどれか?
など比べてみたかったので。

 

市販の白髪染めを使っている方の体験談も集めました

 

また同時に他の方はどんな風に白髪染めをしているんだろう?というのにも興味を持ち、
体験談としてそのアンケートもとり始めました

 

私は白髪染めトリートメント派なので市販の白髪染めで実際に髪がどうなるのかはわかりませんので、実際に使っている方に体験談とレビューを頂いています。

市販の白髪染め

こちらにはドラッグストアで売られているビゲン香りのヘアカラーやサロンドプロ、ブローネなど一般的な白髪染めで白髪染めをしている方のお話がいろいろ掲載されています。

 

  • 市販の白髪染めはどのくらい染まるのか?
  • 色持ちはどうなのか?
  • その白髪染めを選んだ理由は?
  • リタッチはどのくらいでやっているのか?

など実際の声を掲載させていただきました。

 

美容院で染める派のお話も

 

また美容院で染めている方も多い思いましたので、美容院で染めている方のお話も体験談でいただきました。

美容院で染める場合は

  • 1回にどのくらいの金額がかかっているのか?
  • またどのくらい置きに染め直しているのか?
  • 美容院でずっと染めている理由は?

など。

美容院で白髪染め


自宅で染めている方から見ると美容院の白髪染めはわからない部分が多いのでとても参考になると思います。


 

自分にベストな方法を

40歳前後から出始める白髪、きっとこれはこれから先、ずっとずっと抱えていかなくてはならない悩みです。

どんなにきれいに着飾っても髪に白髪が目立つともうすべて台無し。
白髪染めともずっと付き合っていかなくてはなりません。

 

自分はこれからどう白髪と向き合っていくのか、何で染めていけばいいのか、いろいろな方の声も参考にしながら、あなたにとってのベストな白髪染めを探してみてください。

 このエントリーをはてなブックマークに追加