白髪染めマスカラなど人気の白髪部分染めはここがポイント

MENU

白髪染めの部分染めならこれがおすすめ!

白髪部分染め

ほんの数センチの生え際に伸びてきた白髪…

「全体を染めるのはまだ早い…でも目立つし…」
そうなんです。白髪の悩みで一番多いのが、この生え際や、頭頂の分け目部分のわずか数センチの白髪をどうするかってこと。
わざわざ全体を染めるほどではないけど…目立つんですよね。
ここが白いだけで、全体が老けて見えるのは事実です。

 

まめにリタッチで染めなおせればいいのですが・・・なかなか時間もない。
そんな時に便利なのがサクッとその部分だけ染めることができる部分染めです。

 

白髪の部分染めには、「白髪染めマスカラ」「刷毛・ブラシタイプの部分染め」があるのですが、ここではそれぞれの特徴とおすすめの部分染めを紹介していきます。

 

手間なし!簡単。白髪染めマスカラはこんなに便利

 

白髪染めマスカラは、アイメイクのマスカラを少し大きくしたような形状で、そのまま気になる部分に付けるだけです。

 

マスカラのブラシの形状 数センチの生え際や頭頂の分け目部分に、ブラシでなじませるだけでOk。
気になる部分につけておき、夜シャンプーの際に流します。
部分的に目立ってきた白髪は、とても嫌なものです。せっかく、全体がきれいに染められていても、生え際に白髪があると台無し…。
全体染めのヘアカラーと合わせて、1本持っておくといいでしょう。これだけで、全体の染髪の回数も減らすことができます。

 

ただし、白髪染めマスカラのほとんどのタイプは、あくまでも一時的に白髪を隠すものであって、それで髪を染めることができるという商品はあまりありません
部分染めとしての購入を考えているなら、白髪染めマスカラを選ぶ際には、そのマスカラが

  • 白髪も染めてくれるのか
  • 一時的な白髪隠しなのか

の違いをチェックして目的にあったものを購入するようにしましょう。

 

マスカラタイプは容量が少ないので部分染めに使うこと

 

白髪染めマスカラで白髪染めもできるタイプのものでも、実際にそれで白髪を染めようと思うと容量が少ないのが難点。
ほとんどの商品は、7mlとか、12mlとかの容量しか入っていません。
ですので、あくまでも部分染めのリタッチとして使うこと。便利で簡単だから…と、少し多くの面積を染めようと思うと、すぐになくなってしまいます。

 

全体は全体染めでしっかりと染め、伸びてきた部分だけリタッチすること
これが部分白髪染めの鉄則です。

 

部分染めとして使う場合は、マスカラタイプより、ブラシタイプや刷毛タイプの方がおすすめです。

 

白髪染めシャンプーの老舗「黒耀」のポイントケア

白髪染めもできるタイプのヘアマスカラで、根強い人気のある白髪染めマスカラと言ったら「黒耀ポイントケア」でしょう。
黒耀ポイントケアは、黒の色の発色がよく、きれいに染まります。

 

一時的な白髪隠しではなく、使う度に、だんだんと色が染まっていきます

 

「せっかく使うなら白髪を隠すだけではなく同時に染めてしまいたい」
と考えるなら、部分染めとしてもしっかり機能するこの黒耀ポイントケアが一番でしょう。

 

男性の部分白髪染めとしても最適です。

 

黒耀ポイントヘアマスカラ

黒耀ポイントヘアマスカラ 【使っているうちにきちんと染まる白髪染めマスカラ】

 

天然の染毛成分(ログウッド、シコンエキス、タンニン酸)を使用しているので髪に優しく自然に仕上がります。
合成色素は使用していないので、染毛剤の頭皮、頭髪のダメージが気になる方にもおすすめです。
徐々に色がついていき、数回の使用で黒く染まります
男性の部分白髪染めにも最適。

タイプ 【白髪染めマスカラ】徐々に髪が染まります
使用方法 そのまま髪につけ夜のシャンプーで洗い流します。
ブラック
容量 12ml
価格 3,800円(税抜)

 

 

市販の白髪染めマスカラは安価でいろいろあります

市販白髪染めマスカラ

 

以前はあまり見なかったのですが、最近はドラッグストアなどでも市販の商品でも白髪染めマスカラがたくさん販売されるようになりました。

 

一見、どれも同じように見えますが、この市販のヘアマスカラも、徐々に白髪が染まるタイプと、一時的な白髪隠しとして使うものに分かれます。

 

【市販品】ビゲンのヘアマスカラとブローネヘアマスカラ

 

ビゲンヘアマスカラ

白髪が染まるタイプのものでは、ビゲンのヘアマスカラがあります。

 

私もこのビゲンのヘアマスカラは1本持っています。

 

はじめて購入した時は、日中にこのヘアマスカラを付けたまま外出するのってどうなんだろう?
という抵抗がかなりありました。
髪を触ったりしているうちに手についたり黒い染料がポロポロ落ちてきたりしないのかな?
という懸念も。

 

でも実際に使ってみると、そのような心配はなく(大雨などが降って髪が濡れてしまった場合はわかりませんが)、きれいに夜までついていました。

 

急に出かけることになって、でも生え際に白髪が目立っている!という時などに、ささっと使うにはいい商品だと思います。
1本常備しておくといいかもしれません。

 

ブローネヘアマスカラ

もう1本、ブローネのヘアマスカラも購入してみました。

こちらは色が染まりません
一時的な白髪隠しです。
このブローネのヘアマスカラのメリットは速乾性があるというところです。

 

先ほどのビゲンヘアマスカラは髪につけてから3分〜5分ほど時間を置くのですが、このブローネヘアマスカラは30秒でOK
本当にささっと白髪を隠してすぐに出かけることができます。

 

徐々に染まるビゲンがいいか、速乾性のあるブローネがいいかというところですが、正直、ヘアマスカラでの部分染めはあまり期待できないので、速乾性のあるブローネの方が使い勝手はいいかもしれません。
ただし、価格で見ると販売価格はビゲンの方が安く容量もビゲンの方が少し多いので、経済的な面ではビゲンの勝ちです。

 

 

ビゲンヘアマスカラ

ビゲンヘアマスカラ 【使うたびに徐々に色が付くタイプ】

 

白髪が染まるタイプのヘアマスカラです。
髪につけてもゴワゴワせず、きれいに白髪をカバーしてくれます。
塗布してから3分から5分くらいは時間をおくこと。

タイプ 【白髪染めマスカラ】徐々に髪が染まります
使用方法 髪につけて3分から5分は時間を置き、乾いたらそのまま過ごせます。

そのまま髪につけ夜のシャンプーで洗い流します。

ライトブラウン、ナチュラルブラウン、ダークブラウン、ナチュラルブラック、アッシュブラウンの5色
容量 15ml
価格 700〜800円(税抜)
公式サイト ビゲンヘアマスカラ

 

 

ブローネヘアマスカラ

ブローネヘアマスカラ 【速乾性がある白髪隠し】

 

ブローネヘアマスカラは白髪そのものは染まりません。
あくまでも一時的な白髪隠しです。
速乾性があり30秒で乾くので、気になったらすぐに使えるのが魅力。

タイプ 【白髪染めマスカラ】髪は染まりません。白髪隠しです。
使用方法 髪につけて30秒で乾きます。

そのまま髪につけ夜のシャンプーで洗い流します。

ライトブラウン、ナチュラルブラウン、ナチュラルブラックの3色
容量 12ml
価格 800〜900円(税抜)
公式サイト ブローネヘアマニュキュア

 

ヘアフレグランス?使っていて気持ちがいい!uruotte のヘアマスカラ

うるおって ヘアマスカラ

 

もう1つ紹介したいのは「uruotte リタッチヘアマスカラ」です。
こちらは黒耀ポイントケアのように白髪染めとして色が染まるものではなく、市販のヘアマスカラのように一時的に色を付けるものなのですが、かなりおしゃれな仕上がりで使い勝手がいいので、1本持っているとちょっと嬉しい便利なアイテムです。

 

白髪を一時的に隠すという点ではブローネのような市販のヘアマスカラと変わらないのですが、このuruotte リタッチヘアマスカラは素敵な香りがついています。

 

黒にはフランキンセンス、ベルガモット、レモン、ジャーマンカモミール、ラベンダー、ローズ、イランイラン、ゼラニウム、ベチバー、パチョリ、
ブラウンにはマンダリン、グレープフルーツ、オレンジ、シナモン、ラベンダー、ローズ、ブラックペッパー、イランイラン、ベンゾイン、クローブといった精油の香りがついています。

 

ただの白髪隠しだけではなくヘアフレグランスの役目もしてくれるアイテム

 

髪につけ5〜10分程おくとしっかり色が定着し、髪をかき上げたくらいでは落ちることはありません
その日のシャンプーまで安心してつけておくことができます。

 

uruotte リタッチヘアマスカラ

うるおってヘアマスカラ 【ヘアフレグランスのような香りが魅力】

 

気持ちのいい香りが続くヘアマスカラ。
髪につけると上質のアロマの香りに癒されます。
髪は染まらないので、白髪隠しとして使用します。

タイプ 【白髪染めマスカラ】髪は染まりません。白髪隠しです。
使用方法 そのまま髪につけしばらく乾かし、夜のシャンプーで洗い流します。
マロンブラウン、インディゴブラックの2色
容量 10ml
価格 2,500円(税抜)

 

 

 

 

 

部分染めに最適!しっかり染めるならブラシ・刷毛タイプ

リタッチ用として白髪の部分染めをするなら、経済的なことを考えてもやはりマスカラタイプよりもこのようなブラシや刷毛のタイプの方がおすすめです。

 

お出かけ前などに一部分だけ染めるなら、白髪染めマスカラの方が便利ですが、しっかりと数本まとめて生え際や分け目部分などを染めるなら、こちらの方が、より簡単です。

 

その中でも一番のおすすめは利尻白髪隠し。

 

「利尻白髪隠し」は、あの大ヒット白髪染め利尻ヘアカラーの姉妹品。

 

ブラックとダークブラウン、ソフトブラウンの3色があり、利尻ヘアカラーと同色なので、セットで使うと色の差がなくとてもきれいに染められます。

 

利尻白髪隠し

 

また、この利尻白髪隠しは、一時的な白髪隠しではなく、洗髪後も色素が残るので、使うたびに髪が染まり、白髪が目立たなくなっていきます

 

1回でもある程度色が付きますし、3回ほど使えば生え際の白髪も染まります

 

速乾性があり、髪に付けた後乾くと、色移りがないので、白髪染めマスカラと同じように、朝、気になるところに付けて、そのまま外出ができます

 

生際など少し広い部分の白髪を染めるなら、断然マスカラタイプよりも容量の多いこのタイプがおすすめです。

 

利尻白髪隠し

利尻白髪隠し 【部分白髪に最適!リタッチも楽々】

 

生え際やワケなどの部分も一気に染められます。
ノック式の刷毛が使いやすくとても便利。
使うたびに髪が染まっていくので部分染めに最適。
ブラックもあるので男性にもおすすめ!
髪のハリ、コシをアップする天然美容成分がたっぷり入っています。

タイプ 【刷毛タイプ白髪染め】使うたびに徐々に髪が染まっていきます。
使用方法 そのまま髪につけしばらく乾かし、夜のシャンプーで洗い流します。
ブラック、ダークブラウン、ソフトブラウの3色
容量 10ml
価格 初回限定1,839円(税抜)※送料500円 通常2,839円

 

 

 

ブラシでつけるタイプもポーラから

グローイングショット部分染め

こちらはポーラのグローイングショットの部分染めです。
先端がブラシになっているのでとても使いやすく、気になる部分をさっと染めるのには最適です。

 

ただし、このグローイングショットの部分染めは利尻白髪隠しとか異なり、シャンプーで洗うとほとんど色が落ちてしまうので、一時的な白髪隠しになります

 

この少し変わった先端部分のブラシがとても使いやすく、目立ってきた白髪をブラシで掻き出してささっと手軽に染めることができます。
白髪染めとしては使えませんが、「白髪隠し」という形で使う場合は、このグローイングショットはとても便利です。
白髪染めマスカラのブラシ部分が大きくなったというイメージです。
ブラシ部分がとても使いやすく、付けた部分もふわっと違和感なく仕上がります
1本で生え際2〜3cm使用で約30〜40回分くらい染めることができます。

 

 

グローイングショット

ポーラグローイングショット 【ブラシで付ける白髪染め隠し】

 

使いやすいブラシが付いたタイプです。
ふんわりと髪を持ち上げてボリュームアップします。
シャンプーで色が落ちるので白髪隠しとして使います。
ブラックとブラウンがあります。

タイプ 【刷毛タイプ白髪染め】髪は染まりません。白髪隠しです。
使用方法 そのまま髪につけしばらく乾かし、夜のシャンプーで洗い流します。
ブラック・ブラウンの3色
容量 10g
価格 2,400円(税抜)

 

 

白髪染めマスカラを1本持っておくと便利です!

 

マスカラタイプや刷毛タイプの白髪の部分染めを紹介してきました。

 

最近では一般のドラッグストアなどでも白髪染めマスカラを多数見るようになりました。
本当に増えましたね。

 

数年前まではここで紹介している「黒耀ポイントケア」くらいしかありませんでした。
でもこのマスカラの形状の白髪染めが便利で、いい商品だなあと思っていたらどんどん出てきました。

 

昼間にこういったヘアマスカラを付けるというのは、見た目はどうなんだろう?途中で落ちてきて服についたりしない?など、私も使い始めるまでは半信半疑でした。

 

でも技術の進化は素晴らしですね。
複数のメーカーから商品が出ることによって、競い合い、今では素晴らしい白髪染めマスカラがたくさんリリースされました。

 

今では私にとってもなくてはならない1本になっています。

 

このタイプには一時的な白髪隠しと毎日使うことで色が染まっていくタイプがあります。
その日だけのものよりも染まっていくタイプの方が無駄がなくていいのですが、選ぶ基準としてはつけている時に色落ちがないかだと思います。
この色落ちだけは避けたいので、あまり聞いたことのないようなものはちょっとNGかもしれません。

白髪染めマスカラ

部分染めで色が落ちてしまうものを買うとかなり悲惨です・・・。
私も一度経験があるのですが、部分染めをつけて出かけたあと汗をかき、その汗が白髪染めを流してしまいオデコが黒くなってしまったことがあります。
せっかくのお出かけだったのに恥ずかしいし困ったし・・・黒歴史です。
(上記で紹介している商品は大丈夫です!)

 

マスカラタイプの白髪染めで部分染めをしっかりやろうというのは不可能です。
量が少ないので、白髪隠しがメインと考えて法がいいでしょう。
隠しながらやっぱり染めたいという場合は利尻白髪隠しが最適です。

 

通常の白髪のリタッチには、いつも使っている白髪染めを少量で2週間おきくらいに染めていくのが一番だと思います。
お風呂で手軽に使える利尻ヘアカラートリートメント資生堂プリオールでもっとまめにリタッチしていくのもいいでしょう。

 

 

また色が染まるタイプの部分染めを購入する際は、色は全体染めの色より少しだけ、濃い色を選ぶといいでしょう。
その方が、全体染めと色が違った場合にあまり目立ちません。

 

市販のビゲンやブローネでもいいので、マスカラタイプの白髪隠しは1本持っておくといざという時に便利です!
これ1本で、突然のお出かけも怖くなくなりますよ!

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加