泡の白髪染め|髪に優しく1度で染まるタイプがおすすめ!

MENU

白髪染め泡タイプ!髪をダメージは最小限に1回で染め上げる

白髪染めトリートメントや白髪染めシャンプーの染まり方にちょっと満足できなくなってきた方に、新しく紹介したいのがこの「泡の白髪染め」

泡タイプの白髪染めは、ブローネ泡カラーなどの商品がテレビCMでも盛んに宣伝されていますが、ここで紹介するのはそれらとは異なるものです。
髪を傷めない低刺激のタイプとなっていて、安心して使えます。
1度でしっかり染めたい方におすすめです。

 

泡の白髪染めは1度でしっかり染まります!

泡タイプの白髪染めって?

髪のダメージを一番に考えるなら、素手で染める白髪染めが一番おすすめですが、

・色が付くまで何度も染めるのは面倒
・1度で染まる方がいい
・1度染まったらなかなか色が落ちない方がいい
という不満の声もあるようです。
そんな中で注目したいのがこの泡の白髪染めです。

 

市販の泡カラーとは全然違います!髪を傷めない低刺激の白髪染め

今、テレビCMなどでも「泡」のヘアカラーは紹介されていますが、これは「過酸化水素」という成分を配合した従来のヘアカラーと同じものがほとんどです。

 

この「過酸化水素」は、白髪染め、ヘアカラーの成分として昔から使用されていているもので、「酸化染料」と合わせることで酸化し色が入ります。
髪を明るい色に変化させて(ブリーチ)から染めるため、とても染髪力が強くしっかり染まります。
しかし、その分、髪のダメージが激しくなります。他にどんなにトリートメント剤が入っているのもでも、この過酸化水素を使ってしまうと、髪のダメージは防げません(繰り返し使うとかなりのダメージに)

 

しかし、今回登場したのは、「過酸化水素」を含まないものです。

 

色はしっかり入るのに、ダメージは少ない!

このタイプの白髪染めは、「酸化染料」を使っていますが、「過酸化水素」は使用していません
染髪する染料である「酸化染料」を空気で自然に酸化させるという方法を取っています。

 

ですので、1度で染まる「酸化染料」を使用しているにも関わらず、髪のダメージを最小限に防ぐことができるのです。


 

ただし、これは、あくまでもダメージを最小限に留めるということだけで、白髪染めトリートメント(素手で使えるタイプ)のように、ダメージを修復するような効果はありません。

 

一般的な市販の白髪染めに比べればダメージは少ないですが、それでもやはり髪にダメージを受けてしまうことは納得したうえで使用した方がいいでしょう。
繰り返しの使用では髪は傷んでいきます。

 

ですのでどうしても髪にダメージは入れたくないという方にはあまりおすすめできません。
面倒でも白髪染めトリートメントや白髪染めシャンプーで染めてほしいな・・というのが本音です。

 

例えば、こんな風に使ってみては・・・

ただし、1度でしっかりと染まって、ダメージも比較的少ないこの白髪染めはやっぱりおすすめの商品です。
1度使うと、「やっぱり便利だなあ」と感じるのではないでしょうか。

 

市販の泡タイプの白髪染めを使っているなら、その違いにはびっくりすると思います。

 

「泡タイプは便利・・・でもダメージは絶対にイヤ」
というのであれば、
まず、1度この泡タイプで全体を染めて色を付け、その後のリペアで白髪染めトリートメントを使ってみるというのも一つの方法です。

 

泡タイプからトリートメントへ

 

髪を全く傷めない泡の白髪染め

クロエベール

泡タイプの白髪染めの中にはもう一つ、酸化染料を使わないタイプのものがあります

これは泡タイプではありますが、白髪染めトリートメントが泡の形状になったものという方がわかりやすいかもしれません。

 

ですので上で紹介した酸化染料の泡タイプの白髪染めのように白髪を1回で完全にしっかり染めることはできません。
1回でもかなり色は付きますが、2回、3回染めた方がよりしっかり色が入ります。

 

このタイプの泡の白髪染めで特におすすめなのは「クロエベール」。
女性用の育毛剤なども販売するマイケアが開発元で、髪に優しい美容成分をたっぷり配合しています。
もっちりとした泡が髪の細部にまで浸透するので、他の白髪染めトリートメントよりも少量で全体にいきわたらせることができます

 

クロエベール染色

(公式サイトより)

 

 

 

このように酸化染料の泡の白髪染めほどではありませんが、泡の形状が髪に浸透しやすく1回でもかなり色が入ります。

 

とても使いやすく染め上がりもきれいな白髪染めです。
酸化染料の白髪染めに比べると色の入りは弱いかもしれませんが、とてもおすすめの使いやすい白髪染めです。

 

 

 

 

「白髪染め泡タイプ」人気商品おすすめランキング

 

【酸化染料なしのタイプ】髪は傷みません

 

泡タイプ1位

クロエベール
クロエベール

【育毛剤のノウハウが生きている白髪染め!】
トリートメントタイプの泡の白髪染め。酸化染料は使っていないので他の泡の白髪染めにように髪が痛むことはありません。
泡なので髪全体に素早く浸透、染め残しができにくい。
髪と地肌のことを真剣に考えている育毛剤でも好評のあるメーカーが販売元。
1回でかなり色が入ります。

価格 内容量 染髪時の放置時間
3,110円(税込)※定期購入価格

通常価格でも3,456円で購入可※送料別600円

100g(全体染めで3〜4回分) 約10分
使用方法:シャンプー前の乾いた髪に付け、その後洗い流します。

:ダークブラウン・ブラック

 

 

 

泡タイプ2位

キラリ カラートリートメント
泡の白髪染め

【しっかり密着のとろ〜りムース】

 

キラリから新しい泡タイプが登場。とろ〜りとしたムースがしっかり細部まで密着
ハリ・コシUPのための美髪成分も19種類配合の自信作。
ブラック・ダークブラウン・ライトプラウンの3色。黒があるので男性にもおすすめ。
1回目からしっかり染まるのに髪に優しい。
初回限定価格、定期購入サービスでお得に購入できます。

価格 内容量 染髪時の放置時間
3,456円(税込)

初回限定価格2,760円※送料無料

150g(全体染めで4回分) 約10分
使用方法:シャンプー前の乾いた髪に付け、その後洗い流します。1度で染まります。

:ダークブラウン・ライトブラウン・ブラック

 

 

 

 

泡タイプ3位

ルプルプヘアカラーフォーム
ルプルプヘアカラーフォーム

【濃密泡で一回で生え際までしっかり】
ルプルプから泡タイプ登場。濃密泡と特性ブラシのコンビ技で生え際から毛先までしっかり染色
美髪メーカーならではの美髪成分たっぷり。染めながらハリコシUP。
はじける泡で染め残しなし。生え際・毛先もしっかり1回で。
ルプルプトリートメントタイプとの並行もおすすめ。
初回価格は半額の1,980円!

価格 内容量 染髪時の放置時間
3,780円(税込)

初回価格1,980円

80g(全体染めで3〜4回分) 約10分
使用方法:シャンプー前の乾いた髪に付け、その後洗い流します。1度で染まります。

:ダークブラウン・ブラック

 

 

 

 

【酸化染料使用タイプ】髪は傷みます

 

 

泡タイプ1位

ラサーナヘアカラー

【1回でしっかり染まります。色持ちも約3から4週間持続】

 

ヘアケア商品の有名ブランド「ラサーナ」が開発
ライトブラウン、ダークブラウンの2色があり、どちらも女性の髪にいい色合いと定評があります。
天然由来のトリートメント成分もたっぷり配合。
返金保証もついています。
ただし酸化染料なので髪は傷みます

価格 内容量 染髪時の放置時間
3,024円 80g(全体染めで3回分) 約5〜15分
使用方法:シャンプー前の乾いた髪に付け、その後洗い流します。1度で染まります

:ダークブラウン、ライトブラウン

 

 

 

 

 

泡タイプ2位

ヘアボーデ
ヘアボーテ

【色持ちもよく1度でしっかり染まります。】

 

髪を傷めない低刺激の泡の白髪染め。
髪にハリ・コシを与えるエイジング効果もプラスで髪がボリュームアップ。
スクワラン、カゴメ昆布など海からのうるおい成分をたっぷり配合。
ただし酸化染料なので髪は傷みます

価格

内容量

染髪時の放置時間

6,998円(税込)

150g(全体染めで4回分)

5〜15分
使用方法:シャンプー前の乾いた髪に付け、その後洗い流します。1度で染まります

:ダークブラウン・ナチュラルブラック

 

 

 

 

 

 

 

 

髪は傷みます

数年前から、大ブームとなった「素手で染める白髪染め」。白髪染め業界の勢力図を塗り替えたと言っても過言ではないでしょう。
しかし、最近では、確かに、染めが足りない・・・、何度も染めるのはかえって面倒・・・、色持ちがいいいのがいい・・・、と不満の声も若干出てきました。
そこで登場したのがこの「酸化染料」を使うが「過酸化水素」は使用しないという白髪染めです。
ただし、繰り返し使うとやっぱり髪は傷みます。
若い頃のように髪が太くて強ければいいのですが、白髪世代の私たちの髪はもうかなり細くなってしまっているのでダメージがすぐに出てしまうんですよね。
市販の過酸化水素の白髪染めやヘアカラーよりはずっといいですが、とにかく髪を大事に考えている場合にはこの酸化染料の白髪染めはあまりおすすめはしません。

 

私も酸化染料の泡タイプは何度か使ったことはあるのですが、やはり髪への負担が気になるようになってきて今は使用していません。
酸化染料ではないクリアベールの方なら大丈夫です。使うならこちらがいいでしょう。

 このエントリーをはてなブックマークに追加