白髪用ヘアマニュキュア

MENU

白髪用ヘアマニュキュアでの白髪染め

白髪用ヘアマニュキュアについて

ドラッグストア等の市販の白髪染めヘアカラーコーナーを見ると、「ヘアカラー」と「ヘアマニュキュア」の2種類があります。

同じようなパッケージになっていますが、この2つは全く違うものです。
白髪染めヘアカラーについてはこちらで紹介していますが(市販の白髪染めヘアカラー、白髪用のヘアマニュキュアについてここでは紹介したいと思います。

 

白髪用ヘアマニュキュアって?ヘアカラーとの違い

市販のヘアマニュキュア

一般の白髪染めヘアカラーは1剤と2剤を混ぜて、髪を脱色し、キューティクルを一時的に開かせ、そこに染料を入れていくという「酸化染毛剤」というタイプの白髪染めです。

 

ですが、ヘアマニュキュアは髪の脱色はせず、キューティクルを無理に開かせることもしません。
「マニュキュア」という名前のついている通り、「髪の上に染料をコートする」、これがヘアマニュキュアの染め方です。

 

 

従来のヘアマニュキュアは染料が薄く1回ではあまりしっかり色が入らないことも多かったのですが、今のヘアマニュキュアはかなり改善され、
とても濃い染料が使われているため1回でしっかり色が付きます

 

染毛方法、はシャンプー前の乾いた髪に付け、約20分ほど置いてシャンプー等でしっかり洗い流します。

 

色持ちは、約2週間ほど。
白髪染めトリートメントと同様に、毎日のシャンプーで少しずつ色が落ちていき、10日目くらいからは少し色落ちが気になることが多いでしょう。

 

 

ヘアマニュキュアは脱色(ブリーチ)もせず、キューティクルを無理やり開くということもしないので、髪のダメージはありません。
白髪染めトリートメントのようなトリートメント効果はありませんが、ダメージも受けないので、ヘアカラーに比べるとかなりおすすめの白髪染めです。

 

 

ヘアマニュキュアのデメリット

 

ヘアマニュキュアは、

  • 1回で染まる
  • 髪にダメージを与えない

 

という白髪染めですので、白髪染めトリートメントよりもいいんじゃない?と思ってしまいますが、
実はデメリットがあります。

 

肌に付くと色がなかなか落ちない

 

という点です。

 

「色が落ちないって言っても何度か洗えば落ちるのでは?」
と思いがちですが、白髪用ヘアマニュキュアの染料は色が濃く、肌に付いてしまうと本当になかなか落ちません。

 

手はもちろん手袋は必須です。
(間違えて素手で染まてしまったりしたら・・本当に悲惨です。)

 

手袋をして染めれば問題がないように思えますが、それ以外の場所がかなり危ないのです。

 

たとえば腕まくりをして染めていた場合、腕にヘアマニキュアを付けた髪が触れてしまうとそこがしっかり染まってしまいます。
ですので半袖ではなく、色が着いてもいいように捨ててもいいような長袖の服などなどを着て染また方がいいでしょう。

 

耳も染まりますのでイヤーカバーもしっかりしましょう。

 

またフェイスラインは特に注意です。
ここは染料が着いてしまうと一時的にしっかりシミのようなってしまいます。
何度も何度も洗顔をすればもちろん落ちますが、翌日くらいまで色が残ってしまうこともあります。
もし、顔に染料が付いてしまったら、白髪染めを中断してでもすぐに洗い流すようにしましょう。
時間を置くとどんどん落ちにくくなります。
(あらかじめ油性のクリームなどを顔全体に塗っておくと色が付いても比較的落ちやすくなります。)

 

 

そしてここが一番のデメリットですが、生え際や地肌に近い本来なら一番しっかり染めたい部分を染めようと思うと、地肌にヘアマニキュアが付いてしまいます。
ヘアマニュキュアは色を染めるための放置時間は約20分。
地肌にヘアマニュキュアを付けてしまうとこの長い時間、地肌に染料が付いているわけですから・・・地肌まで染まってしまうのです。

 

ですから、ヘアマニュキュアで白髪染めをする場合は地肌から少しだけ離した部分から染め始めなければなりません。
一番染めたい部分が少しだけ残ってしまうのです。

 

シャンプーの時も染料に注意

またもう一つ面倒だな・・と思うのは、ヘアマニュキュアをお風呂で洗い流す際に、もう一度手袋をはめなくてはならないこと。
ヘアカラーや白髪染めトリートメントの場合は、染める際は手袋をしても髪を洗い流す時は手袋はいりません。
ですが、白髪用ヘアマニュキュアは髪を洗い流すときも手袋必須です。
まだ染料が髪に残っているうちに素手のまま触れてしまうとしっかり手に色が付きます。
そしてこれもなかなか落ちません。
洗い流す際にお風呂の床などにまだ濃い状態の染料が落ちてしまった場合も、すぐに洗い流さないと色が染まる可能性があります。
ここも注意が必要です。

 

 

ヘアマニュキュアで白髪染め

このように髪も傷めず、1回で染まる白髪染めヘアマニュキュアは、かなり優秀なおすすめの白髪染めの方法だと思うのですが、染めるのにかなりコツがいるなあと実感しています。

私も何度か使用したことはあるのですが、染料が他の場所に付かないかが気になってしまい、かなり神経を使ってしまいました。
そしてだんだんと面倒になりやっぱり「白髪染めトリートメント」の方が楽で簡単かも・・と思ってしまいました。

 

 

白髪用ヘアマニュキュアと白髪染めトリートメントを比較すると

 

白髪染めヘアカラーと白髪用ヘアマニュキュアを比較したなら、私は断然「ヘアマニュキュア」をおすすめします。
ヘアマニュキュアはヘアカラーよりも事前の準備も大変ですし、染めるのに神経を使います。

 

ですが、酸化染毛剤のヘアカラーにように髪の色を退色させませんし、髪にダメージを与えません。
繰り返し使っても大丈夫です。

 

圧倒的に白髪用ヘアマニュキュアの方をおすすめします。

 

では、私が当サイトでもおすすめして紹介している「白髪染めトリートメント」と比べると・・・。

利尻ヘアカラートリートメント

1回で確実に色が付くという点では白髪用ヘアマニュキュアの方が優れているでしょう。
利尻ヘアカラートリートメントなどはかなり1回でも色が付きますが、完全に真っ白な部分に対してはヘアマニュキュアに比べると若干色の入りは悪いと思います。

 

 

色持ちに関しては同じくらいです。
どちらも約2週間くらいで染め直す必要があります。

 

 

コスパに関してはヘアマニュキュアの方が全然安いですね。
1箱比較的高い価格設定のものでも1200円くらいで購入できます。
利尻ヘアカラートリートメントは初回2,160円、ルプルプは1,980円)

ルプルプ

 

 

トリートメント効果は白髪染めトリートメントなります。
ヘアマニュキュアもつやつや感は出ますが、これはコートをしているだけですので髪そのものに栄養を与えているわけではありません。
ダメージケアも同時にしたいなら白髪染めトリートメントに軍配が上がります。

 

そして手軽さ、簡単さ、は白髪染めトリートメントです。
白髪用ヘアマニュキュアは使ってみるとかなり面倒だということが実感できると思います。
染毛の際の下準備、髪を洗い流す時も手袋をもう一度はめる、お風呂で床に染料が付いたらすぐに流さなくてはいけない・・・
等々、手間がかかるのは白髪用ヘアマニュキュアです。

 

と、二つを比較するとこのようになります。

 

 

(私は何度かヘアマニュキュアを使いましたが、結局面倒になり、白髪染めトリートメントに戻っています)