白髪染め おすすめは?

MENU

白髪染めで髪が傷んでる?
  髪が傷まない白髪染めはたくさんあります!

 

今の人気の白髪染めと言えば、やっぱり素手で染めるタイプのものがおすすめです。
そして、髪を傷めないトリートメントタイプ。 この2つは常識です。 簡単だからきれいに染まる。だから人気が高いのです。

クリーム状、泡状、いろいろありますが、そのヘアカラーで、本当に大丈夫?
繰り返し使うことになる白髪染めです。
髪がダメージを受けてしまったからでは遅い! だから、すぐに使い始めてほしいのです。 キューティクルが傷んでしまうと、しっかり白髪が染まらず色もきれいに出ません。 髪のダメージを防ぐことは、白髪染めでも不可欠なのです。

 

 

大人気!今おすすめなのは、こんな白髪染め!

素手で染めるタイプの白髪染め!

素手で染める白髪染めはとっても簡単。

生え際についてもすぐに落ちるので、生え際の染髪も簡単で、部分染めにも適しています。
そして、何よりもうれしいのが煩わしい手袋などが必要ないということ。 今、人気のタイプと言えば、利尻昆布ヘアカラー、ピュアハーバル、レフィーネ。
そして、ルプルプなどがおすすめです。

 

どれも通販で購入できるものばかりで、
刺激臭もなく、髪のトリートメント効果が抜群です。
当サイトでは、 素手で染めるおすすめの白髪染めを特集ページで紹介してます。

 

素手で染めるタイプの白髪染め

 

だんだん染める…白髪染めシャンプーは男性にもおすすめです

また白髪染めシャンプーは、男性にも大人気。徐々に染まるので「いかにも染めた!という感じがないので、目立ちません。

一気に色が変わるのが照れくさい…という男性の方に特に人気が高くなっています。
夫婦で揃って使う方も多く、トリートメント効果が高く、地肌にも優しいタイプが主流です。
毎日使うと、徐々に色が濃くなっていきます。

 

シャンプーで染めるタイプの白髪染め

 

1度でしっかり染めたい方に!刺激の少ない泡タイプ

「素手で染めるタイプでは、ちょっと物足りない。できれば1回目から色がしっかり入るものがいい」という方にはこの泡の白髪染めをおすすめします。

たった1回でヘアカラーのようにしっかり色が入りますが、髪には低刺激。髪を傷めません。
また泡なので毛髪にしっかり密着。これから注目の白髪染めです。

 

1度で染まる「泡タイプの白髪染め」

 

伸びてきた生え際をさっと染める「部分染め」も人気急上昇

マスカラ部分染めのヘアカラーマスカラは、生え際の処理に最適。数ミリ…数センチといった、ちょっとした生え際の白髪…。これが目立つんですよね。

この部分に嬉しいのが部分白髪染め専用のマスカラです。


 

また、刷毛タイプの部分染めも人気です。

マスカラタイプよりも少し広い範囲にたっぷり付けたい時などは、こちらの方が断然お得で便利。
地肌についても安心な優しいタイプのものが発売になっています。

 

部分染め用白髪染め

「白髪染め」おすすめ最新人気ランキングベスト3

利尻ヘアカラートリートメント

【シャンプーの後、お風呂の中で約10分。部分染めも人気!】

 

今一番のおすすめヘアカラー「利尻ヘアカラートリートメント」。シャンプーの後、トリートメント代わりに付けるだけ。お風呂で簡単に染められます。
ブラック、ダークブラウン、ライトブラウンの3色。天然染料なのに1回できれいに染まる。男性にも特におすすめの白髪染め。
セットで使える部分染め、シャンプータイプも大人気

価格 返金保証 染髪時の放置時間
2,160円(初回限定)※送料別

通常は3,240円

なし 約10分
使用方法シャンプー後に付け、その後洗い流します。リンス・トリートメントの代わりに使用します。

 

 

ルプルプ

【初回限定の特別価格あり。トリートメント効果抜群!使うたびに髪が生き返る。】

 

使うほどに髪がつややかに。トリートメント効果が抜群の大人気ヘアトリートメントです。
白髪がなくても使いたいほどサラサラツヤツヤになります。
香料も「アロマ精油」を使用し、染髪中もリラックス。
今なら初回限定特別価格で購入できるのではじめての方にもおすすめ。

価格 返金保証 染髪時の放置時間
1,980円(初回限定)※送料別

通常は3,240円

あり 約10〜20分
使用方法シャンプー前の乾いた髪に付け、その後シャンプーで洗い流します。~

 

レフィーネ ヘッドスパ

【白髪染めをしながらスカルプケアも!】

 

白髪染めをしながらヘッドスパ・スカルプケアができる業界初の新発想
アロマの香りに癒されながら地肌ケア、染めた髪もトリートメント効果抜群。
おしゃれなローズ系やマロン系も揃って4色から選べます。

価格 返金保証 染髪時の放置時間
3,600円※送料込 あり 約10分〜15分
使用方法シャンプー後に付け、その後洗い流します。シャンプー前の乾いた髪にも使えます。

 

 

 

こんなところをポイントにして選んでみましょう!

おすすめの白髪染めと言ってもひとそれぞれいろいろな選び方の基準は変わってくるでしょう。
もうかなり髪全体が白くなってしまっているのか、部分的に白いものが混ざってきているのかにもよりますし、今すぐ今日にでも白髪をなんとかしなくてはいけないのか、少し猶予があるのかでも変わってくるでしょう。
ここでは簡単に選び方のポイントを解説してみます。

 

今まで美容院で髪を染めている人の場合

美容院の白髪染め

美容院などで白髪染めを何度かしている方は、たぶんもうすでに髪そのものの色が抜けてきてしまっていると思います。
美容院の白髪染めの場合は、髪の色を少し抜いてから色を染色するので、その染色した色が落ちてくると、髪本来の色よりも白くなってしまっているのです。
ですので、一度しっかりと色染めてしまう方法がおすすめです。

 

シャンプータイプでは全体に色がしっかり付くまでには時間がかかってしまいます。
それほど色落ちしていない場合はトリートメントタイプが傷んだ髪のヘアもできるのでいいのですが、かなり白く色が抜けてしまっている場合は一度で色がしっかり入る泡タイプの白髪染めがおすすめです。
一度泡タイプでしっかり色を付け、そのあとトリートメントタイプでマメにケアしていくといいでしょう。

 

部分的に白い髪が混ざっている人の場合

部分的な白髪染め

髪全体はまだ白髪ではないが、ところどころ白い髪が混ざってきてるという場合は、やはりトリートメントタイプです。
ここで紹介しているトリートメントタイプ(素手で染める白髪染め)は、髪を痛めることがないだけではなく一般的なトリートメントに負けないくらいの美髪成分が入っていますので、このトリートメントタイプの白髪染めで何度かにわたって染めていくのがいいでしょう。
お風呂の中で使う方法もありますが、はじめて染める場合はお風呂に入る前にしっかり全体に白髪染めを付け、20分くらい(少し長いくらいでも問題ありません)放置してから洗い流すのがおすすめです。
この1回でかなり色が入ります。ですが、1回だけですと色が落ちるのも早いですしまとめて白髪が出ているところなどはやはり少し白く見えてしまうので、2日連続くらいで使ってみるといいでしょう(2日目は白髪の特に多いところを中心にしっかりつけてみるとより効果的です!)

 

この2回で白髪はほとんど目立たなくなると思います。
ただし、そのまま放置してしまうと、2週間〜4週間くらいで色が落ちてきてしまうので、1週間後くらいにまたトリートメントタイプで染めるか(この場合は短い放置時間でもOKです)、白髪染めシャンプーを毎日使って色をキープする方法がいいでしょう。

 

 

美容院で染めると、どうしても1回に1万円くらいはかかってしまう「白髪染め」。月に一度は染めないと、生え際の部分などがやっぱり気になるものです。
スーパーなどでも、安価な1,000円前後のヘアカラーは売っていますが、実際に使ってみると…髪がキシキシに…。繰り返し使用すると、人形の髪のようにかなりのダメージを受けてしまうので、おすすめできません。
市販の白髪染めも品質は良くなってはきましたが、それでもまだまだ髪に与えるダメージは相当なものです。
白髪が気になる30代後半を過ぎると髪もよりダメージを受けやすくなっていますので、髪にダメージを与えるヘアカラーは使ってはいけません。
当サイトで紹介している白髪染めは、すべて髪へのダメージをなくしたものばかりです。
繰り返し使用しても髪が傷むことはなく、反対にトリートメント効果でダメージを回復します。安心して使えるものばかりです。

髪と美容の関連サイト
白髪染めおすすめランキング
白髪染めおすすめランキング|ぴったりの白髪染めはこれだ!
髪の毛の色について
人の髪の毛の色や、染色について