白髪染めシャンプー

MENU

白髪染めシャンプー|一番手軽に簡単に

シャンプー時に使う「白髪染めシャンプー」が人気です。

入浴の洗髪の時に使用するだけなので、手間もなく簡単に白髪を染めることができます。
使用回数に応じて徐々に色をつけていくので、「いかにも染めた」という感じがないため、男性にも人気があります。
また、一度他の白髪染めで全体を染めた後に、色を定着させるために使うのもいいでしょう。
人気の白髪染めシャンプーを集めてみました。

白髪染めシャンプーのメリットは?

トリートメントタイプの白髪染めに対して、このシャンプータイプの白髪染めの最大のメリットはとにかく簡単で手間がかからないということです。
素手で染めることができるトリートメントタイプも従来の白髪染め(ヘアカラー)に比べると本当に手間なしで簡単になったのですが、それでも染める際には染料を髪に浸透させるための時間が必要です。(※利尻ヘアカラーやルプルプなど短時間でいいものでも10分はかかります。)

 

この時間さえもかからないというのが白髪染めシャンプーの特徴です。

 

白髪染めシャンプーはその名の通り、シャンプーの代わりに使います。この白髪染めシャンプーで髪を洗い、その後洗い流すだけです。
髪に付けて放置する必要はありません。毎日のシャンプー代わりに使うだけです。

 

 

デメリットは1度ではあまり色が付かないこと

白髪染めシャンプーは1度使っただけではあまり染まりません。少なくても3回くらいは使わないと、白髪が染まったという実感はないかもしれません。
トリートメントタイプの場合は1度で染まったと感じることできます。ここが白髪染めシャンプーのデメリットです。

 

しかし、シャンプーの代わりに使うだけなので面倒がありません。ですので毎日使っているうちに色がしっかりと入っていきます。そして一度色が付いてしまえば、その後は毎日シャンプーするだけで色を補修するため、いつもでもきれいな髪をキープできます。

 

 

白髪染めシャンプーのおすすめNO1は?

一番人気はやっぱりこれ!

今一番人気の白髪染めシャンプーと言えば、「利尻カラーシャンプー」でしょう。

独自の開発技術により、従来の白髪染めシャンプーよりも色が染まりやすくなりました。

 

色も、ダークブラン・ライトブラウン・ナチュラルブラウン・ブラックの4色があり、ブラックは男性には特に人気があります。

 

またこの利尻カラーシャンプーは、シャンプーだけで染めるので、経済的にもお得だといえるでしょう。
(※従来の白髪染めシャンプーはシャンプーとコンディショナーの両方で染めるものが多かったので、2つを購入する必要がありました。)

 

利尻カラーシャンプーにもコンディショナーがありますが、これは色を染めるものでなく色の定着を高め、カラーリングした髪の色もちも良くするためのものですので、必ず使わなければならないというものではありません。

 

 

 

 

トリートメントタイプとの併用もおすすめです

 

白髪染めシャンプーの場合は初めはなかなか色が付かないというデメリットがあります。ですので、「すぐに染めたい」という場合には、やはり不向きかもしれません。
そんな方にはトリートメントタイプとの併用もおすすめです。

 

一度トリートメントタイプで色を付け、その後は白髪染めシャンプーでリペアしていくという方法です。これですと、常に髪色がキープできます。

コスパ重視で毎日使いたいなら|資生堂プリオール

毎日のリンス(コンディショナー)の代わりに使って、簡単に色が付く「資生堂プリオールカラーコンディショナー」もおすすめ。

シャンプーではないので若干の放置時間が必要ですが、5分だけですので普通のダメージヘア用トリートメントを浸透させている時間とほぼ変わりません。

 

とにかく価格が安いのが魅力。1,382円で、毎日使ってもお財布にも優しい
1度ではそれほど色が付きませんが、数回で色が付いていきます。
トリートメント効果も高いので毎日使って白髪のケアとダメージヘアの補修もできます。ハリ・コシもアップ!

 

 

 

 

 

驚きの染まり方!1度で染まるシャンプーも新登場

グローリンワンクロス

「シャンプータイプは1回で染まらない」という常識を覆した商品も登場しました。
それがこれ「グローリン・ワンショット」。
シャンプーとして使用するだけなのに1回でしっかり色が入ります
シャンプーですのでもちろん放置時間も必要ありません。
容量は少し少なく100mlですが、泡立つのでショートヘアなら1本で4回分。
週1回の使用で色をキープできる優れもの。
通常単価は5,880円ですが定期購入だと3,780円になるので一般的な白髪染め同等価格で購入できます。
リペアも面倒、放置も面倒という方には最適な白髪染めシャンプーです。

 

 

 

 

黒にこだわるなら|黒耀シャンプー・ヘアパックなど

もうひとつ黒にこだわるなら、「黒耀シャンプー・ヘアパック」も昔から人気のある商品です。
この「黒耀シャンプー・ヘアパック」はブラックしかないので女性にはあまり人気がありませんが、男性には根強い人気のあるカラーシャンプーです。

 

こちらも1回ではなかなか色が付きませんが、毎日使っていくことで、じっくりときれいな黒髪に仕上がっていきます。
きれいな黒が人気の商品です。

 

「白髪染めシャンプー」人気ランキング

利尻カラーシャンプー

3色あります利尻昆布のトリートメント効果も抜群!】

 

白髪染めシャンプーと言ったらこれ。
このシャンプーで洗うだけで色が着く、一番簡単な白髪ケア
ブラック、ダークブラウン、ナチュラルブラウン、ライトブラウンの4色。とにかく簡単。手も汚れない。男性にも大人気です!。
同シリーズのトリートメントタイプのリペアとしても最適

価格

内容量

染め上がりまでの回数

3,780円(初回は2,700円!)

200ml

3〜10回
使用方法シャンプーの代わりに使います。泡立ててこのシャンプーで髪を洗うだけです。

 

資生堂 プリオール カラーコンディショナー

【資生堂から新登場。毎日使える価格も魅力。】

 

コンディショナーで染めるタイプの白髪染め。シャンプー後に、リンス(コンディショナー)の代わりに付けて流すだけ。
お風呂の中で使えるので手間がありません。
価格も1,382円で毎日惜しげなく使えます
日々のリンス(コンディショナー)の代わりに使ってください。

価格

内容量

染め上がりまでの回数

1,382円

230ml

徐々に色が着く
使用方法:シャンプーの後コンディショナーとして使います。放置時間は約5分です。

 

グローリン・ワンクロス
グローリンワンクロス

一度で染まるシャンプータイプが登場。】

 

常識を覆す1回洗うだけで色が染まる白髪染めシャンプーが登場。
染めるのも染め直すのも面倒な人にはこれ!
週1回の使用で髪色キープ。ブラック・ブラウンの2色から選べます。

価格

内容量

染め上がりまでの回数

5,800円
定期購入で3,780円

100ml

1回
使用方法:シャンプーの代わりに使います。泡立ててこのシャンプーで髪を洗うだけです。

 

 

黒耀シャンプー・ヘアパックセット

【白髪染めシャンプーの王道商品。夫婦で使う方も多い定番商品です。】

 

奄美大島の泥染めの手法を取り入れた、自然の成分で染め上げていく肌にやさしい白髪染めシャンプー。シャリンバイを新しく配合して、より美しい上品な黒が実現。
黒の色が違う!と、夫婦で使うリピーターの多い人気定番商品です。
毎日のシャンプーの時に使うだけで、黒髪が持続。手軽でおすすめです。

価格

内容量

染め上がりまでの回数

6,804円(シャンプー&コンディショナー)

 

350ml(1本)

完全な白髪からだと、2週間〜1か月。
徐々に色がつく

使用方法シャンプーの代わりに使います。泡立ててこのシャンプーで髪を洗うだけです。

 

オリエンタルビューティ(はぴねすくらぶ)

【シャンプーとトリートメントをセットで使います。】

 

 髪に優しい天然トリートメント成分が豊富に含まれています。
色を染めるのはトリートメントですが、シャンプーは色を定着させる効果があります。トリートメントの放置時間は約3分。通常のコンディショナーのように使うだけで髪に色が付いていきます。

価格 内容量

染め上がりまでの回数

3,880円(シャンプー&トリートメント シャンプー400ml・トリートメント200g 完全な白髪からだと、約2週間。
使用方法シャンプーの代わりに使いますその後このコンディショナーで仕上げます。

 

 

 

 

 

 

「白髪染めシャンプー」の魅力といえば、やっぱりその手軽さでしょう。

以前に「カラーリンス」という商品が発売されましたが、当時も大流行しました。しかし、色が思ったより染まらない…という声が多かったせいか、今は販売されていないようです。
昔は、ヘアカラー・白髪染めというと、ケープや手袋、床には新聞紙…と、本当に面倒で時間もかかりました。
また、地肌や手につくとなかなか落ちない…というのが普通でしたので、「カラーリンス」はかなり画期的な商品として注目を集めたのでしょう。しかし、今は、家庭用の白髪染めがかなり進化し、ここで紹介した白髪染めシャンプー以外でも、素手で簡単に使えるものがたくさん販売されるようになりましたので、昔ほど、「白髪染めシャンプー」への注目はなくなってきたようです。
しかし、利尻カラーシャンプーの登場により、またその人気は高まってきました。
素手で使うタイプの白髪染めも簡単ですが、さらに手間なく手軽に染めたいという欲求のニーズに応えた形になったようです。
トリートメントタイプとシャンプータイプはそれぞれメリット・デメリットが違いますので、どちらが自分にとってよりベストなのかを考えて購入するといいでしょう。