市販の白髪染めヘアカラー|酸化染毛料で白髪を染めるということ

MENU

市販の白髪染めヘアカラーはなぜ髪が傷むの?

市販の白髪染めはなぜ髪が傷むの?

「白髪染めは髪を傷めないものを!」

「市販の白髪染めヘアカラーは髪が傷みます!」

 

と、何度も繰り返し言っていますが、でも実際になぜ市販の白髪染めは髪が傷むのでしょうか?
また白髪染めと、おしゃれ染めの違いってあるのでしょうか?
その仕組みについて解説します。

 

白髪染め・ヘアカラーで髪が染まる仕組み

酸化染毛剤の染毛の仕組み

一般的に販売されている2つの液を混ぜるタイプの白髪染めとヘアカラー(いわゆるおしゃれ染め)の髪を染める原理は基本的には同じです。

分類としては「酸化染毛剤」と呼ばれます。

 

2つの液のうちの1つ、1剤は酸化染料とアルカリ剤が入っています。
2剤には酸化剤(過酸化水素)が入っています。

 

この2つを髪を染める寸前で混ぜ合わせます。
(形状として2つが同時に出てくるものもありますが、基本的には中ではわかれていて、使う時に混ざります。)

 

@これを髪に付けると、1剤に入っていたアルカリ剤が普段は閉じて髪を守っている髪の表面のキューティクルを強制的に開かせます。
A開いたキューティクルの中に1剤の酸化染料が入り込み染毛します。
B2剤に入っていた酸化剤(過酸化水素)は同時に酸素を発生させ、メラニン色素を分解し、髪を脱色させます。
C1剤の酸化染料が分子を結合させて色を定着させます。

 

これが一般の白髪染めやヘアカラーの髪を染める仕組みです。

 

わざわざ髪にダメージを?

これだけ見ても、「これってどう考えても髪が傷む!」と思いませんか?

まず、髪を保護して普段髪を守っているキューティクルを無理やり開かせる

 

過酸化水素でメラニン色素を分解して髪を脱色させる

 

髪を守って大切にして、出来るだけ白髪にならないように気を付けているはずなのに、
キューティクルを開かせ、わざわざメラニン色素を分解してしまっているわけです。

 

酸化染毛剤に含まれる危険な成分

 

一般的な白髪染め・ヘアカラーといった酸化染毛剤で髪を染めることはこのようにかなり強引で髪が傷むのはもちろんですが、実はこの溶液そのものにも危険な成分がたくさん含まれています。

 

ジアミン系染料について

パッチテスト

まず、「ジアミン系染料」というもの。
パラフェニレンジアミン、フェニレンジアミン、トルエン-2.5-ジアミンなどという名称の色素中間体がこれに当たります。
これは1剤に入っている酸化染料の事で、酸素に触れ酸化することで発色し、髪をきれいな色に染めてくれる働きをしています。
しかし、かなり副作用が心配される溶液で、皮膚炎や気管支喘息というようなアレルギー反応を起こしたり、アナフィラキシーショックの危険性も指摘されています。

 

一般的なヘアカラーを使用する際に「必ずパッチテストを行ってください」という表記があると思いますが、このパッチテストもこういったアレルギー反応が起きないか事前に確認しなければ危険だからです。
そしてこれは「1度パッチテストをしたから私は心配がない。アレルギーは出ない。」というものではなく、その時の体調などによっても大きく左右されます。
まったく今までアレルギーが出なかった方に急にアレルギーが出ることもあるのです。
頭皮や染料が着いてしまった皮膚の部分が大きく真っ赤にかぶれてしまったという事例もたくさんあります。

 

このジアミン系染料は特に黒く濃い色に染める場合に多く使用されます。
明るい色のおしゃれ染よりもダークな色の白髪染めの方がより危険度が増します。

 

パッチテストを行って悪い反応が出なければ使用しても問題はないように思えますが、これだけの薬品が体に良いはずはありません。
もちろん、髪にも相当のダメージがあることは容易に想像できます。

 

過酸化水素

過酸化水素の危険性

2剤に入っている酸化剤(過酸化水素)も危険な物質だと言われています。
食品の殺菌用などにも使われるので低濃度のものはあまり気にしなくても問題はありませんが、高濃度になると劇薬に指定され、発がん性も認められている溶剤です。

 

過酸化水素のヘアカラーでの役割はメラニンを分解して髪を脱色すること。
これによって好きな色を髪に染めることができるわけですが、黒かった髪が白くなってしまうわけですから、それなりの濃度ということ。
この過酸化水素はより明るく脱色させなくてはならない色の方が濃度がたかくなるので、白髪染めよりもおしゃれ染めの方が濃度が高くなります。

 

こちらも体にももちろん髪にも良いわけがありません。

 

 

白髪染めとヘアカラー(おしゃれ染め)の違いは?

おしゃれ染め

白髪染めとヘアカラー(おしゃれ染め)は、原則同じものです。
ただ、白髪染めは白髪と黒髪が染まった時に不自然にならないような染料に調整しブリーチ力(脱色)は弱めになっています。
おしゃれ染めは明るい色も綺麗に入るようにブリーチ力が高くなっています。

 

黒髪用の普通のヘアカラーを白髪に使うと思っていた色を違う色合いになってしまうこともあります。

 

ですので白髪染めとして使う場合は白髪染め用を、白髪がない場合はおしゃれ染めを使って染めた方が無難です。

 

男性用と女性用には(商品的にはわかれて出ていますが)実は大きな違いはありません。
しいて言うなら男性の方が髪が太く強いことが多いので、ダメージの保護よりも染毛力を重視した商品が多いというところです。
(詳しくはこちらでも解説しています→男性の白髪染め選びはここがポイント

 

 

 

1回でしっかり染めるのはメリットだけど・・・

市販の白髪染め

市販の一般的な白髪染めは1回でしっかり色がつきます
そして1度染めると1カ月〜1カ月半くらい色が落ちません

 

また価格も600円くらいから1,000円くらいで購入できます。

 

これを考えると、市販の一般的な白髪染めを購入してしまうのはよくわかるのですが(実際にはまだまだ大半の方はこのタイプを使って白髪を染めているでしょう)
でもこちらで紹介したように、酸化染毛剤の白髪染めは本当に髪が傷みます

 

かなり健康で太く髪なら1回ではそれほど傷まないかもしれません。
しかし私たち世代の髪はもう昔とは違ってかなり髪も弱って細くなってきているはず・・・。
ですから1回の白髪染めでも相当のダメージを与えてしまうこともあります。

 

また酸化染毛剤は髪を脱色して染めます。
脱色して染めるということは、髪が染まっている時はいいですが、この色が抜けてきてしまうと、今まで黒かった髪まで白く退色してしまっているのです。
何度か染めているとかなり髪は白くなっていきます。
そうすると白髪染めの染料が落ちてしまっている時は、全体的にかなり真っ白になってしまうのです。

 

白髪染めトリートメント

白髪染めトリートメントは髪を脱色しません
今の髪にコートするヘアマニュキュア方式です。
ですのでまだ黒い髪はそのままの色で残せます
もちろん髪にダメージは一切ありません。使うたびにより潤います。

 

ヘアカラータイプの白髪染めに比べれば染毛力は弱いですし、色落ちも早いので約2週間で染め直しも必要です。
でも自分の髪を守るために、是非、白髪染めトリートメントで白髪染めをしてみませんか?

 

パサパサになって白く退色してしまった髪になる前に。

 

自分の髪を守る、白髪染めトリートメントは本当におすすめです。

白髪染めトリートメントはこちらで紹介しています。
白髪染めトリートメント|素手で染めるならこれがおすすめ

 

 

市販の白髪染めであえておすすめするならば・・・

放置時間をチェック

市販の白髪染めであえておすすめするならば、早染めタイプではなく、放置時間(髪に付けて放置している時間)が短すぎす、長すぎないものを選びましょう。

短すぎるいわゆる「早染め」というタイプは、早く染まる分染毛力、ブリーチ力が高くなっています。
それだけ強い薬品を使っているということですので避けた方がいいでしょう。

 

反対に放置時間が長すぎるものは染毛力やブリーチ力は短いですが、やはり髪に長い時間置いておくので地肌や皮膚への影響が心配です。

 

市販白髪染めを選ぶならこの中間のもの、放置時間でいうなら15分から20分くらいの指定のあるものがいいでしょう。